REcSの特長

ポータルサイトへの一括入稿

ポータルサイトへの一括入稿

複数のポータルサイトに広告を出すとき、何度も同じ情報を入力するのが手間・・。業務の効率化はしたいけど、今の会社規模だとシステム費用を負担するのが大変・・。そんな悩みをお持ちではありませんか?
REcSを利用すれば、そんな悩みが解決されます。REcSは登録した物件情報を不動産ポータルサイトや自社サイトに一括入稿できます。画像の入稿や、FTP自動入稿にも対応しています。手入力から一括入稿に切り替えることで業務効率を上げ、人的なミスを削減することができます。
さらに、連動先が増えても料金は定額。無料(※1)から利用することができます。出稿先のポータルサイト数、または物件枠数が少ない場合でも、REcS導入による大きな費用対効果が得られます。

連動サイト
SUUMO、HOME'S、HEYAZINE、door賃貸、タウン360°

※1 フリープランをご利用の場合
 

顧客管理機能

顧客管理機能

顧客や営業進捗の情報を効率的に管理できます。営業対応をもれなく管理し、顧客をフォローアップすることで機会損失を削減。売上の向上を実現します。

顧客情報管理
顧客の連絡先、希望条件、問合せ履歴などを管理できます。顧客毎に担当者を設定して、顧客対応の漏れやダブりを削減。CSVインポート機能や反響自動取り込み機能を利用して、顧客情報を簡単にREcSへ登録できます。

営業履歴管理
お問合せから成約まで、すべての過程を記録できます。営業状況を時系列で把握できるため、成約までの戦略的なストーリーが立てやすくなります。また、営業履歴を社内で共有できるため、顧客の引継ぎや会議での報告がスムーズになります。

物件情報のマッチングメールの手動配信
顧客のお部屋探し条件を事前に登録しておけば、顧客ごとにマッチングする物件をデータベースから自動抽出し、1回のメールにつき10件まで物件情報を手動で配信することができます。

物件情報のマッチングメールの自動配信
顧客の希望条件に合った物件情報を自動で配信できます。配信されたメールの閲覧確認ができるため、顧客の引っ越し検討度の把握が可能です。また、顧客は物件情報をPDF形式で受け取るため、簡単に印刷出力できます。

メールマガジンの自動配信
キャンペーン情報や会社情報を顧客に配信する機能です。氏名・アドレスなどの顧客情報をメール本文に差し込むことはもちろん、特定の属性を持つ顧客を絞り込んでメルマガを配信することができます。早く部屋を決めたい顧客、来店済顧客、成約顧客などグループごとに配信設定が可能です。

顧客フォローメールの自動配信
顧客のステータスに合わせてメールを自動配信する機能です。例えば、問合せから3日後に会社の強みをアピール、契約締結の翌日に契約のお礼、物件の引き渡しから1年半後に契約更新の確認など、メールの内容と送信条件を自由にカスタマイズすることで、きめ細やかに顧客をフォローすることができます。

業者間流通機能

業者間流通機能

業者間流通機能は、REcSに蓄積した空室物件データをREcSのネットワーク上でつながりのある不動産会社へデータで配信する機能です。これにより、自社物件を持つ不動産会社は最新の空室情報をリアルタイムで仲介会社に発信できます。また、物件データを受け取る仲介会社は物件情報の入力をすることなく、「チラシの出力」「ポータ ルサイトへ一括入稿」「お客様への物件提案メールの配信」ができます。

招待によるネットワークの構築
REcSは取引のある不動産会社に招待メールを送付することで、不動産会社自らネットワークをつくることができます。また、REcSに参加している不動産会社へ「つながり申請」をすることで、物件情報を交換する業者間流通のネットワークを簡単に広げることができます。無料で使えるフリープランも用意していますので、既存の取引関係にある不動産会社に金銭的な負担を強いることなく、自社のネットワークへの参加を呼び掛けることができます。

自社物件の効率的な流通
自社物件を流通させる場合は、物件情報に流通フラグを付けるだけのカンタン操作。自社物件を、REcSのネットワークで繋がっている不動産会社に簡単に流通させることができます。

他社物件の簡単な取り扱い
REcSのネットワークで繋がっている不動産会社の客付可能物件をボタン一つで自社データベースに取り込むことができ、更にまたボタン1つでポータルサイトに一括入稿することができます。これまで不動産会社の大きな負担となっていた物件情報の手入力作業をすることなく、カンタンに物件を取り扱うことができます。

REcSについて

REcS(レックス)は、イタンジ株式会社が提供する無料から使える不動産業務支援クラウドシステムです。イタンジ株式会社では、不動産会社の業務を効率化し、貸し手と借り手、双方の利益に貢献できるサービスを、高いIT技術によってリーズナブルに提供します。